FC2ブログ

《 白ひげの滝 》

2018⁄12⁄09(日) 21:45
181209-1






     青い池から宿泊する白金温泉に向かう。


     宿泊ホテルの裏手には美瑛川にそそぐ”白ひげの滝”を見る事ができる。


     ここも”青い池”と同様に時期限定で夜はライトアップされています。






181209-2






          

















            















     

TOP

《 青い池 》

2018⁄12⁄08(土) 17:53
181208-1






     以前にも何度か紹介している“青い池”です。


     一昨年は、豪雨や台風で青く見える水が茶色になってしまいましたが復活。


     今年も7月に豪雨が続き、色が変わっているのでは・・・と心配しましたが、


     大丈夫だったようです。


     雲が多すぎて十勝岳が良く見えなかったのが残念です。






181208-2











          














  









      

TOP

《 パッチワークの丘 》

2018⁄12⁄07(金) 08:54
181207-1






     美瑛は丘が連なっていて、そこに畑が造られており


     農地と農地の境目には農道があって、パッチワークのようになっています。


     所々に残された木々がアクセントになって、とても良い景色となっています。


     もっとワイドに写し撮りたい景色に思わずため息がでそうです。






181207-2



181207-3



181207-4



181207-5















         













 

TOP

《 ケンとメリーの木 》

2018⁄12⁄06(木) 20:35
181206-1






     ニッサン・スカイラインのCMに登場したことで有名になった木です。


     ネットで検索してみると、スカイラインのCMは数多く制作されていて


     この木が登場したのは、1976年9月から放映された15作目でした。


     ♪愛~のスカイライン♪






181206-2












       




















    

TOP

《 四季彩の丘 》

2018⁄12⁄05(水) 21:13
181205-1






     富田ファームから美瑛に向かう・・・。


     道路沿いにある“四季彩の丘”はいつも立ち寄る場所。


     ここで観る景色は、丘の街美瑛を感じる事が出来るので観光客も多い。






181205-2



181205-3



181205-4



181205-5

   “へたれ”がひとり・・・。
















            
















   

TOP

《 ラベンダー 》

2018⁄12⁄04(火) 20:27
181204-1






     富良野・・・と言えばラベンダー・・・ラベンダーと言えば、“富田ファーム”ですね。


     久し振りに行ってみました。 昨年は来なかったし、何年振りかな?


     例年だと7月末から8月始め頃はベストの時期なのですが、今年は暑さのせいか


     ピークは過ぎてしまったようで、ラベンラーの色合いも鮮やかさはありませんでした。






181204-2



181204-3












          















   

TOP

《 友が来た! 》

2018⁄12⁄03(月) 19:22
181203






    報告が遅れてしまいましたが、今年8月二人の友人が遊びににきてくれました。


    この二人が揃って遊びにきてくれるのは何年振りでしょうか・・・。


    一年以上前から色々と計画を練って・・・休みを確保してくれました。


    三泊四日の日程でしたが、内容の濃い楽しい旅でした。


    目指したのは・・・富良野!!


           












  














     

TOP

《 ミラーレス 》

2018⁄12⁄02(日) 15:07
181202
 
 ニコンHPより






    35ミリ判ミラーレスカメラは5年前に発売されたソニーα7とα7R以来、


  ソニーの独壇場だったが、今年に入って、ニコンがZ7を9月に、


  キヤノンがEOS Rを10月に、ニコンがZ6を11月に発売し、


  一気に三社の競争となってきた。


  さらに、来年春にはパナソニックがS1とS1Rを発売すると言われている。

      
  なぜ、ここにきて35ミリ判ミラーレスカメラなのだろうか・・・。


  その背景には一眼レフの長期低落傾向がある。


  とくに35ミリ判一眼レフは毎年シェアを落としてきた。


  もちろん、その理由は35ミリ判一眼レフの新製品の登場が少なくなったことと


  一眼レフが行き渡ってしまい、新しい技術革新がそれほど期待できなくなったことだと思う。


  ミラーレスカメラは一眼レフ以上の連写能力の向上、AF測距点の増加など、


  アピールできるポイントが増えてきているし、将来的にはグローバルシャッターや


  有機イメージセンサーなど、新しい技術を投入できる可能性がある。


  このため、ニコンもキヤノンも将来性のあるミラーレスカメラに舵を切ったと思われる。


  今後は一眼レフの開発はスローダウンし、ミラーレスカメラの開発に拍車がかかるだろう。


  来年2019年はその競争が激化するだろうし、その結果によっては、


  プロカメラマンのメイン機材が一眼レフからミラーレスカメラへと移行することも考えられる。


  2020年のオリンピックがとても楽しみである。











            
















   

TOP

《 師走 》

2018⁄12⁄01(土) 11:43
181201






     12月に入りましたね。


     何かと忙しく、慌ただしさを感じさせ、お酒を飲む機会も多いでしょう。


     体調を崩さないようにして下さいね~。


     早速、今週末は、仲間内の忘年会です!!

















         













    
        

TOP

《 ボジョレ~ 》

2018⁄11⁄20(火) 08:28
181120






     今年のボジョレー・ヌーボです。


     ワインの出来に関しては、全然分からない自分ですが、美味しく頂きました。


     









        










  

TOP