《 カスミ 》

2010⁄01⁄31(日) 11:43
今日は朝から天気が良くて暖かい。




100131-1

『Pyramid butterflyfish』






『カスミチョウチョウウオ』


体長12cm位。


外リーフ上で群れている。


写真は『パーラン』で撮ったもの。


いぜんは、もっと数が多く群れていたけど寂しい数になってしまった。






100131-2

















TOP

《 遠 征 》

2010⁄01⁄30(土) 19:39
100130-1






昔はゲストの数が多かったからなのかも知れないけど、


アンツやパキンに行けるのは100本以上の経験者しか連れて行ってもらえなかった。


BOSSが言うには、


『マンタ・ロード』や『パルキル』くらいの流れにオタオタしていてはダメだ。


自分の事は自分で出来ると言う しっかりとしたスキルがないと


アンツやパキンは楽しむ事は出来ないし、危ないと言っていた。


確かに・・・そうは思うけど、ゲストはそれで納得していたのだろうか。


現地サービスの“方針”と言ってしまえば・・・そうなんだけどネ。


何を言っても“聞く耳持たず”のBOSSだから出来た事なんだろう。


絶対にゲストは反感を持った事だろうなぁ~。



その頃は『選ばれし者だけが行ける』なんて言葉があったものなぁ。






100130-2























TOP

《 面白いねぇ~! 》

2010⁄01⁄29(金) 11:58
100129-1




ボホール(パングラオ島)も『Google Earth』で見てみました。


左側の細長い島が『セブ島』 中央の楕円形の島が『ボホール島』


『ボホール島』の左下にあるカメの尻尾の様な島が『パングラオ島』





100129-2






パングラオ島をアップで見ると・・・。


『パングラオ島』の南西側に『バリカサグ島』


そして、南東側に『パミラカン島』があります。


《AQUA JOURNEY》はパングラオ島の西側にある『ドルホビーチ』にあります。







100129-3





『ドルホビーチ』付近をアップで見ました。


こうして見ると・・・『ドルホビーチ』って本当に北に面しているよね。


もっとアップにすると『ムロアミ・リゾート』が見えるかな。



















☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆














TOP

《 遠いよねぇ~ 》

2010⁄01⁄28(木) 15:32
雪が風に舞っているなぁ~。




100128-1






『アンツ環礁』や『パキン環礁』への遠征をリクエストするゲストは多いけど


いつでも好きな時に行けるとは限らないんだよねぇ~。


写真でも分かるように ポナペ本島からは遠いです。


アンツへは、途中までインリーフを走る事が出来るけど、


パキンは、ソケースのチャネルを抜けると外洋です。


外洋を走る距離が長いので、それだけに海況が重要視されます。




本島やパキンに住む人達が小さなボートでパキンと本島を行き来するのを見て


自分は、あのボートでパキンには行きたくないと いつも思う。


アンツも遠いと思うけど・・・パキンは、もっと遠い!






100128-2




















TOP

《 ボホール島々内観光Ⅱ 》

2010⁄01⁄27(水) 13:15
昨日は、朝から仕事が忙しくて・・・結局UP出来なかった。

今日も 忙しさを引きずっているけど・・・息抜きに・・・。






100127-1






ボホール島の島内観光をした。


何と言う川なのか・・・何と言う橋なのかは、忘れてしまったけど、


日本で言う“吊橋”が川にかかっている。


この橋・・・歩く部分が竹で編んであります。


耐重量は何㎏なのかは分からんですが、見た目以上に長いです。


橋を渡った対岸には『お土産屋さん』があり、小物などを売っています。


向かいから人が来るとお互いに端に寄らないとすれ違う事ができません。


人が歩くと揺れます。 面白がってわざと揺らす人もいます。


橋の上で写真を撮ると・・・揺れるのでビビッてしまいます。


でも、ちょっと楽しかったりして・・・・。






100127-2













//////////////////////////////////////////


ボホール島観光なら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》

//////////////////////////////////////////











TOP

《 旨いです!》

2010⁄01⁄25(月) 21:01
暖かい!





100125-1






昨晩飲んだお酒・・・神戸市のお酒です。


株式会社 浜福鶴銘醸   浜福鶴 生酛純米 灘ノ生一本


■ 原材料 米、米麹

■ 精米歩合 75%

■ アルコール度数 15度



生酛造りは天然の乳酸菌を使い時間と手間をかけて酵母を育む

江戸時代から伝わる伝統製法。



扁平精米は米粒と同じ形に精白できる高度な技術。

米の表面に多い酒の雑味となる成分を均一に削り取る。

通常精米より10%高い精米効果がある。



生酛造りにより生まれた深いコクと力強いキレがある旨い酒です。

















TOP

《 オニハタタテダイ 》

2010⁄01⁄24(日) 11:47
今日も雲が多いけど風もなく暖かいですなぁ~。




100124-1

『Masked bannerfish』






『オニハタタテダイ』


体長20cm位。 


群れは作らずにペアでいる事が多い。


数は多くないけど ポナペではどこでも見る事が出来る。


他のハタタテダイの仲間に良く似ているけど、大きさでは一番。


大きいから名前に“オニ”が付いているのだろうか。


この写真は『マンタ・ロード』で・・・。















TOP

《 ナパラ・ボート 》

2010⁄01⁄23(土) 13:11
今日は少し暖かいと思う・・・でも朝から雪がチラチラと・・・。





100123-1


上のボートが『NANA』・・・BOSSの長女の名前が付いていた。


下のボートが『KANA』・・・次女の名前が付いてた。


ブリッジの部分が違うけど基本的には同じ大きさで55ftのボート。


ダイバーに安全なように、ジェット水流を使った二基のエンジンが付いていた。



フェニックスのダイビングスタッフが沖縄県西表島のサービスで研修を受けた時


そこのサービスで使用していたボートをBOSSが気に入って


同じタイプのボートをポナペに配備したと聞いた。


最初に『NANA』がポナペ入りし、その後暫く経って『KANA』が・・・。


当時は、この二艇の他に『30A』と呼ばれていた和船タイプのボートがあった。


その頃はゲストの数も多く、5月の連休などは毎日スタッフもボートも総動員で動いていた。




スピードボートの『NANAⅡ』が配備されたのは、もっと後になってから。






100123-2
















TOP

《 ウミヅキ 》

2010⁄01⁄22(金) 13:08
昨夜は冷え込んだらしい。

窓ガラスの内側がくもりガラスの様に真っ白だった。




100122-2

『Bennett’s butterflyfish』






『ウミヅキチョウチョウウオ』


体長15cm位。


外リーフ上に単独でいる事が多いけど、小さな群れの時もある。


同じチョウチョウウオ科の『トノサマダイ』に似ているけど


目を通る横縞と体側の黒点に白の縁取りがあるのと体側にある2本の白斜縞が特徴。



ウミヅキ・・・って、海月なのかなぁ~。


海に月が浮かんでいる様に見えるから?
















TOP

《 寄 港 》

2010⁄01⁄21(木) 15:11
昨日は、朝から時期ハズレの雨が降っていました。

夜になって、雪に変わり 今朝は雪が積もっていた・・・筋トレ開始!




100121-1






ポナペには色々な船が入港する。


定期便の貨物船や外国の客船などなど・・・。


ダイビングから帰ってくると、朝はなかったのに大きな船が接岸されている。


東京海洋大学や東海大学の海洋調査船も入港する


日本の気象庁の気象観測船である『啓風丸』や『凌風丸』も年に2回 5日ほど寄港し


ポナペにいる日本人を招いて船上BBQで交流を深めている



ハワイからの客船が寄港したのを見たときは、その大きさに驚いてしまった。


見るからに“豪華客船”と言う感じで、写真を撮るのも忘れていた。


こんな船で世界一周の旅でもしたいなぁ~なんて思ったり・・・・・ムリ!






100121-2






























TOP

《 ダイビングのあとは・・・ 》

2010⁄01⁄20(水) 19:37
100120-2





ちょっと艶かしいピンク色の旧クラブハウスの5号室。


この部屋は他の部屋よりも少し広いので、カメラ器材などが多い自分達が使わせて頂いていた。


西陽が当るのでエアコンを入れていても陽が沈むまでは暑い。


昔は、3ダイブなんてやらなかったので 3時頃には帰ってきていた。


器材を片付けてシャワーを浴びても夕食までは時間があったので、散歩したり写真を撮ったりしていたが


宴会の為に体を休めることも大切と、昼寝や読書もしていた。


部屋が広いせいか、自然と人が集まってくる。


アフターダイブのゆったりした時間の流れが心地良かったなぁ~。




100120-3




















TOP

《 バラクーダ 》

2010⁄01⁄20(水) 14:21
100120-1



バリカサグで見た『バラクーダ』


『オニカマス』なのか『オオカマス』なのか『ブラックフィン・バラクーダ』なのか・・・。


尾鰭の形や色からみると『オオカマス』と思うけれど・・・『ブラックフィン』にも見える。


混ざっている?のかなぁ~。


ポナペでも『バラクーダ(ブラックフィン)』は見るけど、


バリカサグの個体は大きくて群れも大きい。





昨年12月に東京の知人から電話が来て、ダイビングの話になった。


9月にボホールへ行ってきたと話したら、


「バリカサグへは行ったの?」と聞かれたので「行ったよ~!」と答えたら


「ゴールデン・バラクーダは見れたの?」と言われ


「見れなかった」と答えたら


「そりゃ~残念だねぇ~。オレは初回で見れたよ!」と言われた。




ダイビングには、天候や海況、魚など“運”がつきものであるが、少し悔しかった。

必ずリベンジするぞ!!





























☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆





TOP

《 イッテン 》

2010⁄01⁄19(火) 18:05
晴れたり曇ったりで 風もさほど無く、穏やかな天気。

でも、こう言う日の夜が恐ろしい・・・。




100119-1



『 イッテンチョウチョウウオ 』


体長15cm位。


このチョウチョウウオも外リーフ上で見る事ができる。


体側にある黒点が名前の由来なんだろうなぁ~。













TOP

《 失 敗 》

2010⁄01⁄18(月) 13:45
晴れたり、曇ったりの札幌。


今朝は、積雪がなかった・・・少し筋肉痛だ。




100118-1





ボホールで島内観光をした。


初めて行った島なので楽しみのひとつだった。


世界でいちばん小さな お猿さんの『ターシャ』。


想像していた大きさより小さくて、手のひらに余裕で乗ってしまう。


このターシャは、観光客用に檻の中で飼われている。


写真撮影は自由だけれど、フラッシュを焚いてはいけない。


夜行性の大きな目にはフラッシュの閃光は良くないだろうと思う。




写真を撮るには丁度良い高さで 木の枝に摑まって寝ていた2匹の『ターシャ』。


1匹が目を明けてくれたので、思わずシャッターを切ったけど・・・。


バックには巨大な“邪魔者”が写ってしまっていた。


シャッターを切る前に気づけよっ!・・・・ってかぁ~!


大失敗の一例である。


情けない!







100118-2

















☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール島観光なら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆

TOP

《 地 酒 》

2010⁄01⁄18(月) 13:05
昨日は、土曜日に引き続き“除雪筋トレ”をした。

札幌市内も場所によって降雪量が違うけど、自宅付近は40cmほど積もった。





100117-1




昨晩飲んだ札幌市の地酒。


日本清酒株式会社  純米吟醸 千歳鶴。


■ 原料米 吟風 

■ 精米歩合 55%

■ 日本酒度 +4

■ アルコール度数 15~16度


道産酒造好適米『吟風』を使ったお酒。

優しい吟醸香の辛口のお酒だけど、味が口に残る。

純米吟醸酒なら精米歩合を最低でも50%までにして欲しい。







千歳鶴の次に飲んだお酒。


月桂冠株式会社  大吟醸 『五百万石』


京都の地酒ですね。


■ 原料米 五百万石

■ 精米歩合 50%

■ 日本酒度 +5

■ アルコール度数 15~16度


気持ちの良い辛口のお酒です。

50%の精米歩合でも吟醸香も豊かで飲みやすいです。



酒米や麹、水、精米歩合の違いで様々なお酒が出来上がる。

お酒の味は、飲む人によって個人差があり好き嫌いもあるだろうけど

銘柄の違うお酒を飲み比べてみると、じぶんの好みが良く分かる。







100117-2

















TOP

《 アミ 》

2010⁄01⁄16(土) 14:02
100116-1




昨夜は風もあって、荒れ気味で雪が降っていた。


朝になっても小降りの雪。


昼過ぎから雪も止み、晴れてきたので“除雪筋トレ”をしたけど なかなか良い運動になった。






『アミチョウチョウウオ』


体長15cm位だろうか ペアでいる事が多い。


『パルキル』や『パーラン』など外リーフの上で良く見られる。


なかなか動きを止めてはくれないので、流し撮りになる可能性が高い。
















TOP

《 レインボーツリー 》

2010⁄01⁄15(金) 18:23
100115-1




雨季も乾季も雨の多いポナペ。


朝から一日中降っている時もあるけど、殆どはスコール。


雨上がりには、綺麗な“虹”も見られる。




虹が多いからと言う訳ではないと思うけど、植物の名前にも“虹”が付いている。


『レインボーツリー』・・・正式な名前なのかは分からないけど・・・。


ポナペにだけあるのか、他の島にもあるものなのか・・・。


薄い樹皮がはがれると 鮮やかな色の樹皮が現れる。


コロニアから少し離れたところには、『レインボーツリー』の“並木道”もある。




昔、BOSSと食事に行った事があり、

その帰りに わざわざ遠回りをしてこの木を見せてもらったのが初めてだった。

夜になって『レインボーツリー』を見なくても・・・とは思ったが、断る理由もなかった。

車のヘッドライトに照らされた色は想像以上に綺麗だった。





100115-2
















TOP

《 コックさん 》

2010⁄01⁄14(木) 18:05
100114-1




自分達が日本に帰る日曜日に『マラマル』を持ってオフィスに来てくれた工藤さん。


長女は『サチコ』 次女は『エミリー』 三女は『・・・・』忘れてしまった。


サチコは綺麗だったし、エミリーも可愛かったなぁ。



工藤さんは、サウスパークホテルのレストランでコックさんをしていました。


自分達が最初にポナペに行った頃は、


サウスパークホテルに宿泊していたので色々とお世話になっていました。


工藤さんも北海道の釧路出身と言う事で、色々と共通の話題があり再会を楽しみにして頂いていました。



サウスパークホテルを辞めた後は、クリフレインボーホテルのレストランに勤めていましたが


体調を悪くして辞めてしまいました。






ポナペに通いだしてから、毎年1~2回再会して 近況報告をしていましたが、

クリフレインボーを辞めてからは、逢う事が少なくなっていました。

もう7年位は逢っていないと思う。

元気にしているのだろうか・・・。
























TOP

《 アケボノ 》

2010⁄01⁄13(水) 14:53
日本海側は低気圧の影響で荒れるとの予報だけど

今のところ札幌は、曇り空だけど穏やかです。




100113-1

《 Black-backed buterflyfish 》




ダイビングをしていると目だって目に入ってくるのがチョウチョウウオ科の魚だと思う。


ポナペでは30種類以上のチョウチョウウオ科の魚を見る事が出来る。


この『アケボノチョウチョウウオ』も色々な所で見る事が出来ていたが、


数が減ってきていると思う。

















TOP

《 同じなのかなぁ~?》

2010⁄01⁄12(火) 17:44
100112-3

ちょっとピントがあまいけど・・・。


100112-4


100112-5




ボホールで見た魚。


上2枚は、同じ場所で撮った同じ魚。


3枚目は違う場所で撮った魚だけど・・・同じ魚なのかなぁ~。


体長3cm位だと思うけど・・・名前も分からない。








《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》 のオーナーからコメントを頂きました。

上の2枚は、『レッド・スポッテッド・ドワーフ・ゴビー』

3枚目は、『キャンディーケイン・ドワーフ・ゴビー』


いずれも和名は付いていないので、日本では見れないですね。





















//////////////////////////////////////////


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》

//////////////////////////////////////////


TOP

《 新年会 》

2010⁄01⁄12(火) 13:24
多少雲はあるけれど、気持ちの良い晴れ。




100112-1




先週末は、「マンタが見たい!」と言ってポナペに通うキッカケを作った友人のお宅で新年会でした。


毎年、新年や誕生日には皆で集まってワイワイ・ガヤガヤとやります。


友人には“鍋”を用意して頂き、酒類は皆で持ち寄ります。


ヒロが持って行ったのは、寿司と日本酒 久保田の千寿です。


新潟県の地酒。

朝日酒造株式会社 久保田 特別本醸造 『千寿』

■ 酒米 五百万石

■ 精米歩合 55%

■ 日本酒度 +6

■ アルコール度数 15度


吟醸規格の本醸造酒であっさりとした辛口のお酒です。

ほのかな吟醸香が心地よく飲ませてくれます。









そして、昨日飲んだお酒は 北海道旭川の地酒。


高砂酒造株式会社 大吟醸 国士無双 金賞受賞酒。


『全国新酒鑑評会』で二年連続で金賞を受賞したお酒です。


■ 原材料 米・米麹・醸造アルコール

■ アルコール度 15度以上16度未満

■ 原料米 兵庫県産「山田錦」

■ 日本酒度 +4

■ 精米歩合 35%


酵母は何を使っているのかは分かりませんが、麹米、掛米に山田錦を使い

精米歩合を35%まで高精米し長期低温醗酵して生まれた吟醸香は優しい華やかな香りです。

奥行きのある味わいはキレも良く、心地よい余韻が続きます。

・・・やはり『YK35』なのかなぁ~。



100112-2




























TOP

《 不思議 》

2010⁄01⁄10(日) 16:50
100110-1




雨が多いポナペ。


だからなのか・・・植物も多い。


ポナペでは700種以上の植物があり、その中には100種以上の固有種があると言われている。


そして、ポナペが『ミクロネシアの花園』と呼ばれるように 花も多く咲いている。


写真の花は、ハイビスカスの一種だと思うけど・・・名前は分からない。


花の中から花が咲いている不思議な花です。




















TOP

《 カ ス 》

2010⁄01⁄09(土) 10:50
太平洋側 道東の荒れた天気も治まった様子。

札幌は朝から天気が良いです。

スキー・ボードには最高ではないでしょうか!




100109-1

《 カス君 》





ポナペ・フェニックスは、東京で『フォトラボ』を営んでいた本社の海外事業部としてオープンしました。


ミクロネシアに『フォト・サービス』を・・・と言う考えでした。


ダイビング・サービスのオープンは、もう少し後になってからです。



フォト部門のスタッフだった『カス君』。


ダイビング部門が忙しくなると“お手伝い”で船に乗せられてしまいます。


海に出ると日焼けが痛いから嫌だと言っていましたけど(ローカルでも日焼けするんだよね)


アンツに行く時は、嬉しそうだよね。



















TOP

《 プロテスタント教会 》

2010⁄01⁄08(金) 17:55
100108-1





日本統治時代に建てられた教会でポナペで一番大きな教会です。


ステンドグラスも綺麗です。








100108-2

TOP

《 オリジナル 》

2010⁄01⁄07(木) 13:27
100107-1




数年前までは、ポナペにも数件のダイビングショップがあり 各店オリジナルのポイントを持っていた。



フェニックスにもオリジナルのポイントがあり 色々と目的に応じて楽しむ事ができた。



『イッセイ・ポイント』 BOSSの名前が付いている。

             大きなナンヨウキサンゴがあり、小魚が群れていたけど台風で倒れてしまった。



『イタロウ・ポイント』 リーフがすり鉢状に凹んでいる場所で、ナイトダイビングに使われていた。



『トマラ(パーラン・ランチポイント)』 ニシキテグリや幼魚狙いのポイント。



『ナオチャン・ポイント』 白砂地にいくつかの根が点在している。

              スカシテンジクダイやギンガハゼ、エビ、カニなど小物系が多く見られる。



『ヒロチャン・ポイント』 大きな珊瑚の根の回りを潜る。

              『ナオチャン・ポイント』に近いが見られる魚は違う。





いずれもイン・リーフのポイントで、好き嫌いはあるだろうけど 見方や考え方によっては楽しめる。

『イッセイ・ポイント』は、自分がまだ一眼+ハウジングを持つ以前に潜っていた。

久し振りにカメラを持って入ってみたいと思う。





100107-2

























             

TOP

《 なんだろう~ 》

2010⁄01⁄06(水) 15:18
札幌は曇り空だけど、太平洋側の道東は荒れているようだ。

道東が大雪なのは、珍しい・・・これも温暖化の影響なのか・・・。





100106-1



ボホール(パングラオ島)で見た魚。


ポナペで見られる『アンボンクロミス』に似ているし


『カブラヤスズメダイ』 『ヒレグロスズメダイ』にも似ている。


なんだろうなぁ~。






《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》 のオーナーからコメントを頂きました。


『アンボンクロミス』・・・と言う事です。


それにしても、ポナペで見る個体と体色が少し違いますね。


環境の違いなのでしょうかねぇ。




















☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆









TOP

《 なんだぁ~? 》

2010⁄01⁄05(火) 13:32
朝から ど~んよりとした空・・・雪空ってやつかなぁ~。






100105-2


100105-3


100105-1



写真を撮っていたら一匹の『クジャクスズメダイ』が面白い行動をしていました。


尾鰭から穴の中に、入ったり出たりを繰り返しています。


穴の深さが浅いと言う訳ではなさそうですが、入るのは体半分ほどまでです。


何の為の行動なのかは分かりませんが、近づいてもいつもの様に逃げません。




産卵?と言う事ではないと思うけど・・・『クジャクスズメダイ』の産卵を見た事ないし・・・。





















TOP

《 お馴染みの 》

2010⁄01⁄04(月) 10:17
今日は朝から天気が良いですねぇ~♪




100104-2






『ハタタテハゼ』


ポナペじゃ定番のような魚です。


リーフ上の砂地や珊瑚のガレ場にペアでいることが多いですが


ドロップオフの面にいる事もあります。





『ハゼガイドブック』のカバー表紙にもなっていますが、


体色のグラデーションがとても綺麗な魚です。




昨年行ったボホール(パングラオ島)では、この『ハタタテハゼ』がレアらしいです。






100104-1
























TOP

《 地 酒 》

2010⁄01⁄02(土) 20:21
100102-3



昨年末、大晦日まで待ちきれず・・・と言うより前哨戦として飲んだお酒です。




北海道 旭川の地酒。


高砂酒造株式会社  国士無双 吟醸『ほろこ』


■ 日本酒度 +5

■ 酸度 1.1

■ アルコール度 15%~16%

■ アミノ酸度 0.8

■ 精米歩合 55%


あっさりとした辛さの吟醸酒です。

さらっとしたフルーティな吟醸香が心地よいです。

女性にも喜ばれるお酒ですね。



















TOP

《 懐かしい~!》

2010⁄01⁄02(土) 18:38
昨晩から、すこし荒れ気味の札幌。

気温が高めなので、雪がみぞれになたり 雨になったり・・・。

道路はシャーベット状態でグチャグチャです。

気温が下がると・・・今度は、ツルツルになります・・・あ~ぁ。




100102-2






今年も沢山の方々から年賀状を頂きました。


ポナペ・フェニックスで知り合えた方からも頂いております。


一度だけお逢いした方、毎年決まった時期にお逢いしていた方・・・。





年賀状・・・毎年楽しみにしていますが、本当に嬉しいです。


パソコンや携帯電話のメールとは違った思いが込められているように感じます。


頂いた年賀状に・・・


「 暫く、ポナペには行っていないですが、ブログを見て懐かしく思ってます。」


と、書かれてありました。


懐かしく思って頂いて嬉しく思います。


色々と昔の写真を引っ張り出して、スキャンしている自分が懐かしく感じています。


昔の自分の姿にもビックリしてしまいますが・・・。








100102-1


















TOP