《 またまた 》

2011⁄03⁄30(水) 18:47
110330-1






 昨日、ポナペ・フェニックスのスタッフだった『ピィー』からコメントを沢山頂きました。


「懐かしい~」という言葉が幾度となく書かれていましたが、


忘れていた“懐かしさ”を思い出して頂けたなら幸いです。


ポナペ在任中は、海に陸に色々とお世話になり、女性ならではの気遣いや心遣いが嬉しく感じられました。


フェニックス退社後は、イントラも取得してパプアニューギニアで頑張っています。


























               













TOP

《 転勤 》

2011⁄03⁄28(月) 21:00
110328-1






 写真とは全然関係のない事ですが、


STW札幌支店の所長が転勤となってしまいました。


新地開拓という事で2008年5月にオープンしてから約3年ほど頑張っておられました。


やっと北海道の生活に慣れて、北海道民として“完全体”になろうとしていたのに残念です。


詳しい話しは聞けなかったのですが、新年度からはこれまでの業務とは違った内容になるとの事で


今までの様に“我侭なお願い”を聞いて頂けなくなりそうな気配が漂っています。


顔を逢わす機会は少なくなると思いますが、メールや携帯電話などで連絡は取る事ができます。


新天地、新しい環境で また頑張って頂きたいと思っております。


応援していますよ!

















           









TOP

《 アクビ 》

2011⁄03⁄26(土) 20:18
110326-1






 ポナペでは見る事がなかった『ハダカハオコゼ』体長10cm位でしょうか。


ボホールでは、良く見る事ができます。 珊瑚の上であまり動かないのでジックリ観察が出来るし


写真も色々なアングルから撮ることができる。






110326-3






以前に《AQOA JOURNEY》のオーナーから『ハオコゼ』や『カエルアンコウ』は


タイミングが合うとアクビをしてくれるよ・・・と言われていたので、毎回狙っていたのだけど


なかなかアクビをして頂けなかったが・・・やっとお目にかかる事ができた。






110326-2

















☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


















               












TOP

《 誰でしょう 》

2011⁄03⁄24(木) 20:39
110324-1






 『ポナペ・リピーターさん』なら すぐに分かると思いますが・・・。


デカ・ボート『KANA』の運転席に座る二人の後姿・・・。


この雰囲気なんとなく好きだなぁ~。


何を感じて撮ったのか・・・何を思って撮ったのか・・・今では、覚えていない。


でも、またこんな写真を撮りたいと思う。



















                






TOP

《 誕生日 》

2011⁄03⁄22(火) 11:21
110322-1






 先週末、いつものメンバーが集まりました。


地震の影響で、日本中が痛んでいる時に 呑んで盛り上がっている場合ではないと思いますが、


ヒロの誕生日という事もあり、以前仙台の『teruko』ちゃんが送ってくれた


『しぼりたて浦霞』の封を開けました。


本醸造規格の生酒ですが、とてもフルーティで美味しいです。


皆で美味しく、楽しく頂ました。


















             






TOP

《 ミツボシ 》

2011⁄03⁄19(土) 12:49
110319-1

 『Three-spot dascyllus』






 スズメダイ科 『ミツボシクロスズメダイ』 体長13cm位。


幼魚はクマノミ類と一緒にイソギンチャクを住み家にしているが、成魚になるとイソギンチャクから離れる。


名前の由来と思われる頭部と体側にある白色斑は、成魚になるにつれ薄くなりやがて消えてしまう。


















                







TOP

《 無事 》

2011⁄03⁄17(木) 20:22
110317-1






 宮城県仙台市の“ポナペ・リピーター”と言えば『AI』ちゃんと『teru』ちゃんですが、


元気に生きているようです。


地震の直後には、携帯電話もメールも繋がりませんでしたが、夜になって偶然にもヒロが


『AI』ちゃんと携帯で話すことができました。


きっと、家やお店の中はグチャグチャなのだろうと思いますが、建物自体の損傷は少ないらしいです。


今日になって、電気が復旧したらしいですが、他のラインはまだのようですね。


早く、通常の生活に戻れる様に願っております。


頑張って下さい!!


















               













TOP

《 被災 》

2011⁄03⁄16(水) 18:42

 東日本大震災に加え福島第一原発の事故による被害が広まっています。


テレビで放映されている東京電力の会見の答弁は何を言っているのか自分には分からない。


訳の分からない難しい言葉で誤魔化そうとしているようにしか見えないなぁ。




110316-1






昨日テレビで、仙台空港に押し寄せた津波の動画が流れていた。


空港ターミナルビル前の駐車場に止めてある車がドンドン流されていった。


ターミナルビルの屋根はウェーブが付いて波をイメージさせ、


登場待合ロビー側のカーテン・ウォールは円形で、サーフィンの“チューブ”を思わせる。


その様な海の波を思わせる空港が、津波の被害に遭うなんて・・・・・。


自分的には、昨年 国際線ターミナルビルが新しくなった、札幌近郊の空港より


ずっとお洒落で使い勝手も良く、綺麗な空港だと思う。


なんとか、早く復旧して欲しい。


それにしても、この場所に空港を建設しようとした時には、津波の事は考慮したのだろうか。


考えてはいたのだろうけど・・・それも想定外ということだろか。







110616-2

















               










 

TOP

《 NIKONOS 》

2011⁄03⁄14(月) 20:31
110314-1






 初代ニコノスは、フランスのスピロテクニーク社の『カリプソ』を元に製作され、


1963年8月に、“全天候カメラ”として発売された。


価格は、2万8500円(35mm F2.5付き)で、約2万9000台製造された。


その後、NIKONOSⅡが発売されてから、NIKONOSⅠと呼ばれるようになったが、


カメラボディには、Ⅰの表記はない。






110314-3





110314-2





 初代NIKONOSの仕様
 
型式/35mm判フォーカルプレーンシャッター式防水カメラ
 
耐水深/50m
 
レンズマウント/ニコノスマウント
 
ファインダー/アルバタ式35mm用ブライトフレーム付き、パララックス補正マーク(0.8m)付き、
       
       倍率0.63倍

シャッター/上下走行式、メタルフォーカルプレーンシャッター、

       B(バルブ)、1/30、1/60、1/125、1/250、1/500秒、等間隔目盛り

フィルム送り/レバー式、一動作でフィルム送りとシャッターセット完了、回転角約70度、

       自動復元式撮影コマ数計付き

巻き戻し/引き出し式のノブ式

大きさ/約125×97×68mm(35mm F2.5付き)

重さ(陸上)/約700g(35mm F2.5付き)

重さ(水中)/約250g(35mm F2.5付き)






110314-5






 フィルムを装填するには、レンズを外し ボディの両肩にある金具でフィルム装填部を上に引き抜く。


実際にフィルムを装填してみたが、フィルム圧板が上部のみ固定で


ヒンジにはなっていなかったり・・・などで、やりやすいと言えるものではなかったが、


当時は、これでも画期的なカメラだったのだろう。






110314-4






Ⅱ型は1968年8月  Ⅲ型は1975年7月  Ⅳ型は1980年7月  Ⅴ型は1984年4月に発売された。




















TOP

《 しっぽが・・・ 》

2011⁄03⁄13(日) 11:14
110313-1






 先週、体の一部が欠損した『チリメンヤッコ』の写真を紹介しましたが、


こちらは、ポナペの“マンタ・ロード”の『ブラック・マンタ』です。


見事(?)にしっぽが、付根から欠損しております。


このマンタは、“マンタ・ロード”で見られるブラックマンタの中でも大きいほうの個体で


2000年頃から良く見られるようになり『しっぽの無いブラックマンタ』として


プチ・ブームだった時期もあったのですが、1~2年で見る事がなくなってしまいました。


















                     















TOP

《 地震 》

2011⁄03⁄12(土) 18:07
110312-1






 昨日の午後に起きた地震の被害が時間が経過するほどに大きくなっています。


 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。




 東北、関東には、友人知人が多くいます。


 宮城県仙台市には“ポナペ・リピーター”さんも多くいますのでとても心配です。


 写真は、仙台空港ですが テレビに映し出された空港は津波で悲惨な姿になっていました。


 














 



 















TOP

《 記念ダイブ 》

2011⁄03⁄10(木) 20:20
110310-1






 今回の滞在中、ヒロは700ダイブを迎えました。


ご褒美に《AQUA JOURNEY》から“スイカ”と“記念品”を頂きました。


    『ありがとうございました』


それにしても 良く潜ったと思います。


100本は、どこで迎えたでしょう・・・ポナペだったでしょうかネ。


200本から600本は、勿論ポナペでした。


重たいビデオを持ったり、自分より先に“一眼+ハウジング”を持ってマンタや魚を撮るようになりました。


ビデオや写真を撮るようになってから“スキル”もUPしてきたと思いますが、


“知識”の方はどうなのでしょう。


800本はどこの海で迎える事になるのでしょう ボホールなのか・・・ポナペなのか・・・


北海道の冷たい海かもしれません(笑)


この先、まだまだ潜り続けることができますように・・・頑張りましょう。






110310-2
















//////////////////////////////////////////


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


//////////////////////////////////////////















                








TOP

《 Spa&Dining 》

2011⁄03⁄09(水) 19:35
110309-1






 ボホールに行く度にお世話になっている奥山さん夫妻のお店が


昨年12月 アロナビーチにオープンしましたので行ってきました。





 奥様のお店です。

110309-3



 雰囲気のあるお店の入り口

110309-2



110309-8



110309-9



 奥山さんのお店です。

110309-4



 和食のお店です。 セットメニュー(お膳)が多いですが、

これから単品のメニューも増やしていくそうです。

110309-5



110309-6



 壁のレリーフは“桜”がモチーフになっています。

110309-7



 《AQUA JOURNEY》のゲストが多くなると応援に来てくれる奥山さんですが、


お店が忙しいと海に行く機会が少なくなると言っておりました。


次回もお逢いできる事を楽しみにしております。



110309-10

















≦◎/////////////////////////////////////<


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


≦◎/////////////////////////////////////<


















              












TOP

《 ニコノスがやってきた! 》

2011⁄03⁄08(火) 19:12
110308-2






 前回のボホールでもご一緒した京都の『アニィ』と今回も一緒になれた。


アニィ夫妻は、前回の滞在日程が短かったので、今回は長めの滞在。


ダイビングが終わると、シャワーを浴び部屋の前のテラスで、のんびりとビールで宴会が始まる。


ビールがいつしか日本酒やウィスキーに変わり、昔話しで盛り上がる。


何の話から出たのかは、もう覚えていないのだが、


アニィが「ニコノスの古いのを持っているよ」と言うので、色々と聞くと


カメラボディには“NIKONOS”としか書いてないと言うので


それはきっとニコノスの初期型(Ⅰ型)だと分かり・・・是非欲しいとお願いすると快諾してくれた。




先週届いた『NIKONOS』

多少、擦傷がついたり、軍艦部の角が擦れていますが、使い込まれている感じが出ています。

まだ、ゆっくりと触っていませんし操作もしていませんので詳しくは、後日改めて・・・。






110308-1





















              














TOP

《 花酵母 》

2011⁄03⁄07(月) 21:45
110307-2






 佐賀県三養基郡みやき町 天吹酒造合資会社 純米吟醸『天吹』花酵母仕込み


 ■ 原材料/米・米麹

 ■ 原料米/美山錦

 ■ 日本酒度/+3

 ■ アルコール度数/15度以上16度未満

 ■ 精米歩合/55%


 花酵母を使っているため独特の吟醸香が強く出ている吟醸酒です。


表示されている日本酒度より甘く感じられて、呑む人の好みによるところが大きいと思います。





















            







TOP

《 最後は・・・ 》

2011⁄03⁄07(月) 12:43
110307-1






 ダイビング最終日の2本目は『カリパヤン』・・・例の場所へ。


前回、この場所で『アカオビハナダイ』を撮った時に 他にも初めて見る魚が数種類いた。


その中のひとつ フエダイ科『センネンダイ』 体長30cm位。


いつも元気に泳ぎ回っている『アカオビハナダイ』と比べると


動きはゆっくりとして大人しいほうだと思うので、写真は撮りやすいと思う。


三本の赤色横帯が特徴だが、『アカオビハナダイ』と『センネンダイ』の赤色横帯は、


水中では、暗褐色に見える。

















≦◎/////////////////////////////////////<


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


≦◎/////////////////////////////////////<


















               







TOP

《 大丈夫なのか! 》

2011⁄03⁄06(日) 12:32
110306






 ダイビング最終日の1本目は『サンクチュアリ』


写真は、キンチャクダイ科『チリメンヤッコ』 体長15cm位です。


バックが暗いので分かりずらいですが、背中の一部が大きく欠損しています。


他の魚にかじられたのでしょうか。


魚には“痛点”がないと聞きますが、ちょっと痛々しい姿です。


ポナペのマンタにも ヒレの一部や長い尾が欠損している個体を見る事はありましたが、


魚の一部が欠損しているのは、初めて見ました。


まだ成魚になりきっていない若魚だと思いますが、弱っている様子でもなく


元気に泳いでおりました。 


これからも元気に生きて欲しいと願うばかりです。















☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆















          







TOP

《 川のように・・・ 》

2011⁄03⁄05(土) 21:06
110305-1






 ダイビング6日目は、バイカサグへ・・・・。


1本目、2本目、3本目とバラクーダ、ギンガメアジの群れは現れず・・・・。


でも、さすがバリカサグ! リーフエッジの珊瑚には色々な魚が群れているし、


どこからともなくウメイロモドキが川のように現れて、流れて行く。


下の方には、カスミアジがウロウロしている。


バラクーダ、ギンガメと逢えなくても十二分に楽しむ事が出来る。






110305-2


 残念ながら青色が綺麗な尾鰭が切れてしまった。

一見、地味な体色の『カスミアジ』ですが、背中に入っているブルーのラインがとても綺麗です。

















//////////////////////////////////////////


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


//////////////////////////////////////////

















                












TOP

《 ウフフ・・・な誘惑 》

2011⁄03⁄04(金) 19:26
110304-1






 2本目は『カリパヤン』


『BBC』の後、水休時間に「アニキ!アカオビハナダイを見たいですか?」とカズさん。


『アカオビハナダイ?』・・・見た事はない! 思わず「ウン!」と言いつつカズさんの顔を見ると


ニヤッと笑った顔の細い眼がキラッと光った。




このポイントは、エントリーとエキジットは『カリパヤン』ですが、内容は別物です。


砂地に大きめな珊瑚の根があり、多くの魚が群れています。


ポイントの詳細は、カズさんに了解を得ていないので公表できませんが


いくつかの条件と状況が揃わないと行けないと思います。


興味がある方は、現地にて相談して下さい。
















≦◎/////////////////////////////////////<


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


≦◎/////////////////////////////////////<






















             



TOP

《 おひなさま 》

2011⁄03⁄03(木) 10:31
110303-1






 今日は、三月三日『桃の節句』ですね。


女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎える節句が『桃の節句(初節句)』で、


厄除けと健康祈願のお祝いです。


平安時代から行われていた五つの節句のひとつ『上巳の節句』が桃の花の咲く時期だった事から


『桃の節句』となったらしいです。


写真は、ヒロ宅の和室に飾られた“雛飾り”ですが、


最近では“七段飾り”を飾る家庭も少なくなったと聞きます。


昔からの“行事”“習わし”は、その意味合いも含めて伝えて行きたいものですね。



































   








TOP

《 ヤノさん 》

2011⁄03⁄02(水) 18:36
110301-2






 “ピグミー”に逢えなかった『BBC』ですが、被写体に困る事はありません。


少し深場の砂地に行くと、『ヤノダテハゼ』にも逢えます。


ポナペでは、『パルキル』の内海側の砂地で見られるのですが、水深が深いのと


数が少ないので、気合を入れて探さないとなりません。


でも、ボホールでは見られる場所も数も多いので気軽に写せます。


特徴である尾鰭が見えないと、ただのダテハゼと間違えるので、尾鰭が出ている時を狙いましょう。






110301-3
















☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆













           




TOP

《 再確認 》

2011⁄03⁄01(火) 15:03
110301-1






 ダイビング5日目の1本目は、“ピグミー”の再確認のため『BBC』へ。


確認を待っている中層には『ハタタテハゼ』が二匹・・・ペアなのでしょうかネ。


この『ハタタテハゼ』ボホールでは、大変“レア”らしいのです。


ポナペでは普通に浅場で見られる魚も所変わると“貴重種”となるようです。


期待していた“ピグミー”ですが、残念ながら確認は取れませんでした。


早く戻ってきて欲しいですね。





















//////////////////////////////////////////


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


//////////////////////////////////////////


















             








TOP