《 芝桜公園 》

2011⁄05⁄30(月) 20:40
110530-1






 昨日、道東の釧路より帰ってきました。


行きは、札幌→旭川→北見→東藻琴→釧路。 帰りは、釧路→本別→然別湖→十勝清水→札幌でした。


天気は、行きも帰りも恵まれた天気ではなくて写真撮りには残念な結果となりましたが、


久し振りの長距離ドライブでなかなか楽しい旅でした。


写真は、東藻琴町の芝桜ですがとても綺麗でした。 


一緒に写っている人や車などの大きさから、芝桜が植えられている広さが想像できると思います。






110530-3






110530-2

















         









       

TOP

《 道東へ 》

2011⁄05⁄26(木) 22:44
110526-1






 今日の札幌は天気が良くて暖かかったなぁ~。


少し前までは、ツクシがいっぱい咲いて(?)いたけど、いつの間にか無くなって


タンポポが急に姿を現した。 


札幌もこれから 気持ち良い季節になってくる。


明日から道東の釧路に行ってきますので、おそらく更新が出来ないと思われます。


少し遠回りをして写真を撮りながら釧路を目指して行こうと思っています。


道中、お気に入りの写真が撮れるように感性を豊かにしていきます。






110526-2

















           













               






TOP

《 撮像範囲 》

2011⁄05⁄24(火) 21:45
110524






 前回に引き続きボホールで撮った『カクレクマノミ』の写真ですが、


ボホールで撮った『カクレクマノミ』の写真の中ではお気に入りの一枚です。


“デジカメ一眼”を水中で使うのはボホールが初めてで色々試し撮りのつもりで


バシャバシャとやっておりました。


ニコンのD700を使ってみて、「これはいい!」と思った機能に


“撮像範囲設定”というのがありまして、フルサイズ(FX)とAPS-Cサイズ(DX)の


切替が出来る事です。


勿論、水中でも切替は出来るので、被写体に応じてFXサイズとDXサイズの使い分けができます。


同じレンズを装着していても二通りの焦点距離で撮影する事が出来ると言うことになり


なかなか重宝する機能だと思っております。


FXサイズ→105mmレンズ  DXサイズ→157.5mmレンズ となり


撮影距離が同じならDXサイズの時には被写体を大きく写す事が出来るということになります。


DXサイズへの切替には、色々と弊害(?)もありますが、


その件につきましては、次回に・・・・・。















             












             

TOP

《 思わず撮ってしまう 》

2011⁄05⁄22(日) 12:21
20110522






 ボホールでの写真ですが、クマノミの仲間は出会うと必ずと言ってもよいくらいに撮ってしまう。


イソギンチャクの中でチョロチョロ、チョコマカ、チョコマカと動いて・・・


時には威嚇してハウジングのポートに突撃して来る時もある。


こちらは、別に苛めるつもりもないのだけど、相手は必死なのだろうと思う。


いつも驚かしてゴメンねぇ~。















           












TOP

《 編隊 》

2011⁄05⁄20(金) 16:40
110520-1

 『Spotted eagle rey』






トビエイ科『マダラトビエイ』 体長100cm位。


“編隊”と言うほどの数は見たことがないけど・・・サイパンでは群れで見る事が出来るらしい。


ポナペでは、『パーラン』で良く見る事ができたが、なかなか近付く事はできなかった。



ポナペのスコーンと抜けた外洋の“ブルー”が懐かしいなぁ~!。

























               








             

TOP

《 moon 》

2011⁄05⁄18(水) 22:07
110518






 今日は、暖かな札幌でした。


そして、満月・・・月に向って叫んでみたくなりませんか?


月を見ても叫びたくならないし、猿に変身する気配もない自分・・・・。


人間で良かった。





















                 












TOP

《 梅 》

2011⁄05⁄17(火) 13:53
110517-3






 先日断念した平岡公園の梅園に行ってきました。


先日と違って、曇り空だったせいか駐車場はガラ空でした。


園内には“白梅”“紅梅”合わせて1200本ほどの梅の木があるらしく、梅の香りが漂っていました。


“白梅”のほうが先に開花し“紅梅”は少し遅れて開花するらしいのですが、


陽当りの良い場所では、“白梅”も“紅梅”も満開状態でした。






110517-1






 少し風が強く、花が揺れるので撮り難かったですが、マズマズでしょう。


花を観賞するのは、晴れて陽が差していたほうが綺麗なのでしょうが、


写真を撮るには、少し曇っていたほうが自分的には好きです。






110517-2






110517-4




















                







          















TOP

《 中汲み 》

2011⁄05⁄16(月) 20:07
110516-1






 長野県松本市 大信州酒造株式会社 純吟中汲み『香月』純米吟醸


 ■ 原材料/米、米麹

 ■ 原料米/長野県産酒造好適米「ひとごこち」

 ■ アルコール度/16度

 ■ 日本酒度/+3

 ■ 精米歩合/50%(扁平精米)



 純米吟醸酒の香りとコクの中に酒蔵のこだわりが込められているお酒です。


 熟練された吟醸酒と言うより若さを感じさせる飲み口に力強さを味わえます。
























               




















             




TOP

《 青い眼 》

2011⁄05⁄15(日) 13:49
110515

 『 Blestrak cardnalfish 』






 テンジクダイ科『イトヒキテンジクダイ』 体長4cm位。


インリーフにある珊瑚の根に群れていることが多い。


ポナペでは『ナオチャン・ポイント』で他のテンジクダイ科の魚と一緒に見る事ができる。


近付いても脅かせなければ速い動きで逃げたりしないので写真は撮りやすいと思う。


光の当たり方で青い眼がとても綺麗に見える。


















              







     
 
 

TOP

《 梅林公園 》

2011⁄05⁄13(金) 20:32
110513






 昨日は天気も良かったので“梅”を撮りに行こうと思い、札幌でも梅で有名な公園に行ったら


平日なのに駐車場へ入る車で行列ができていた。


20分ほど並んでみたけど、まったく動く気配がないので諦めて撤収する事にした。




いつもの近くの公園でみつけた名前の分からない小さな花・・・ちょっと幸せな気分。


















                      



TOP

《 ポナペ空港のその後 》

2011⁄05⁄12(木) 22:09
110512-1






 以前、ポナペ空港の滑走路延長工事のことを書きました。


工事が始まったのは、確か2009年。完成予定は、2011年3月でした。


最近は、確かな情報がなかなか入ってこないので、おおよその事しか書けませんが


工事は、予期しない事柄が色々あったようで、5月に延びたようです。


それでも、風の噂では・・・6月の初めには、日本から直行便が飛ぶとか・・・・。


空港ターミナルビルも一部が新しくなって、なんと!荷物を受け取るターン・テーブルが設置されたとか・・・。


ある意味、素朴で素敵だったポナペがドンドン近代化されて行くんですねぇ~。


ポナペに住んでもいな自分達が、ポナペの事をとやかく言うのも可笑しな事なのかもしれないけど、


そんな風に変わって行くのも 仕方のない事なのだろう。 人間は欲張りな生き物だから・・・。


そのうち・・・ミクロネシアに原子力発電所ができるかもネ。
















                










              







TOP

《 やっとだぜ~ 》

2011⁄05⁄11(水) 20:46
110511-1






 5月に入ってからの札幌は、あまり気温も上がらず例年より低い気温が続き、


天気も気持ちよく晴れていなかったのですが、今日は良く晴れました。


でも、ちょっと風があったので暖かいって感じではなかったですねぇ。


それでも、連休中に“開花宣言”が出されていた桜が満開になっておりましたので、


近くの小さな公園に行ってきました。


明日は今日よりも気温が上がるようなので“梅”に挑戦してみよっかなぁ~。


札幌は、“桜”と“梅”を同時期に楽しめるのですよ。






110511-2



















                 









    

TOP

《 山廃 》

2011⁄05⁄09(月) 21:48
110509






 秋田県由利本荘市 株式会社 齋彌酒造 『雪の茅舎』秘伝山廃純米吟醸


  ■ 原材料/米・米麹

  ■ 原料米/山田錦・吟の精

  ■ 日本酒度/+1

  ■ アルコール度数/16度以上17度未満

  ■ 精米歩合/55%


 
山廃仕込みのしっかりとしたコクとキメ細やかな味わいを楽しめる吟醸酒です。


山廃仕込みが出来る酒蔵が造る酒に不味い酒はないと言います。


伝統の技が醸しだす酒を楽しみたいですね。

















               














TOP

《 喫煙 》

2011⁄05⁄08(日) 12:27
110508-1






 最近では、街の中でタバコを吸える場所が少なくなっている。


レストランや喫茶店でも“全席禁煙”としているお店も多いし居酒屋でも“禁煙席”があるくらいだ。


空港も指定された喫煙ブース以外では“全面禁煙”だし、飛行機も今では“全席禁煙”


飛行機でタバコが吸えなくなったのは、いつの頃からだったろう。


そう言えば、GUAM空港も新しくなってからは、タバコが吸えなくなって、


広い空港内には“喫煙室”などは無く、数店舗の飲食店で喫煙できるだけだが、


何故この店だけが喫煙ができるのかが分からない。



ポナペでも昔は、禁煙の場所などはなく、どこでもタバコを吸うことができていた。


それでも、いつの間にか空港は、ロビーの外側でしか喫煙が出来なくなっていた。


フェニックスのクラブハウスは、“全室禁煙” オフィス内や食堂も“全面禁煙”だった。


海では、船の上では走行中は“禁煙”で休憩時のみ喫煙できた。


デカ・ボートの時は船尾で、スピード・ボートのときは船首で吸っていた。




















         


















TOP

《 禁煙 》

2011⁄05⁄07(土) 22:00
110507






 写真とは全然関係ない話ですが、3月の始めから“禁煙”をしておりまして約2ヶ月が経ちました。


昨年10月から値上がりしたこともあって、1日一箱だったのが2日で一箱ほどに減っておりましたので


これならやめれそうと思い決断した訳です。


もっと辛い思いをするのかなぁ~と思っていましたが、以外に・・・楽でしたネ。


“百害あって一利なし!”吸わないほうが良いにきまっていますよね。


一応、ダイバーなんだし!!




















                 















TOP

《 ニコマート 》

2011⁄05⁄05(木) 22:34
110505-1






 高校生時代に親戚の叔父さんから貰って使っていた『 Nikomat FT 』


勿論、新品ではなく何年か使っていたものを頂戴した訳ですが、


当時新品で買うと50mmf1.4のレンズ付きで¥45,000ほどしていたらしい。


かれこれ、40年ほど前になるので、大学卒業の初任給と同じ位か少し高いくらいだと思う。


『 Nikon F 』の廉価版として販売されていたようだけど、高価なものだったはず。






110505-2






 高校時代は小遣いも少なかったのでフィルムは白黒で、現像とプリントは写真部の友達にお願いした。


社会人になっても使っていたが、大きくて重いのは、今も昔もニコンのカメラは変わらない。






110505-3






 左側が1965年発売の『 Nikomat FT 』 右側が1967年発売の『 Nikomat FTn 』


一見同じカメラに見えるけど所々に違いがある。






110505-4



 シャッターダイヤルのレバーの形状が違う。






110505-5



 軍艦部にある外部露出計の上に“N(new)”の刻印がある。この他にも少しづつ違いがある、


残念ながら『FT』は、現在使える状態ではなく治すにも部品が無くなっており


一部の修理専門業者にお願いすると治すことも可能らしいが高い費用となる。


『FTn』は、数年前に仙台の“ポナペ・リピーター”である『Kenさん』に頂いたもので


このカメラは、健在でまだまだ使う事ができます。


露出計を動かす電池は廃盤となっているので、他の電池を使うのにちょっと工夫が必要ですが


単体露出計を使う事で解決するので問題はありません。


フィルムを通して使ってみたいとおもっております。















                  
















              










TOP

《 裕多加 》

2011⁄05⁄03(火) 10:49
110503-1






 札幌市内には、日本酒を多く扱っているお店が数店舗あるのですが、


ヒロ宅から一番近いお店が『銘酒の裕多加(ゆたか)』です。


このお店は『久保田』の特約店で全種類の『久保田』を買う(見る)事ができます。


先日も連休用にと数本買ってきた中の1本がこれ。



 石川県白山市 株式会社 車多酒造『五凛』純米酒。

■ 原材料/米・米麹

■ 原料米/山田錦100%使用

■ 精米歩合/60%

■ アルコール度数/15度以上16度未満

■ 日本酒度/+3


 しっかりとした味わいと飲みやすさの中にも力強い飲みごたえを感じるお酒です。















                      














  

TOP

《 朝陽 》

2011⁄05⁄01(日) 12:50
110501






 写真は、昨年9月のボーホールで撮った朝陽。


朝陽や夕陽、星や月などを撮るのは、本当に難しいと思う。


何が難しいか・・・やっぱり露出だろうと思う。


明暗差が大きい場面では、露出を取る部分の違いで出来上がりの雰囲気が大きく変わる。


自分のイメージに近い出来上がりにするには、どこで露出を決めるか・・・。


デジタルは、その場で出来上がりが確認できるので楽ですね。

















              










TOP