《 明日から9月 》

2011⁄08⁄31(水) 22:05
110831






 八月も今日で終わり、明日からまた新しい月が始まる・・・と言っても日常はなんら変わりはない。


気温も少し下がって、過しやすくなるだろう。


今週末は、台風が近付いてくるので天気が荒れるかもしれない。


そろそろ“雲海”を見に行かなくてはならないなぁ~。


“雲海”と言っても焼酎の“雲海”ではなくて、読んで字の如し・・・雲の海である。


山の頂上などから雲を下に見ると・・・雲の海に見えるというやつです。


天候に左右されるのでいつでも見れる訳ではないのですが・・・・ね。


良い写真が撮れた時にはUPしたいと思います。


















                  





















             



TOP

《 充電 》

2011⁄08⁄30(火) 22:14
110830






 ポナペでのダイビング・・・・エキジット時は、-5mで5分間の減圧停止をする。


流れが強い時は“こいのぼり”状態になる・・・5分間って結構長く感じる。


そんな事を思い出しながら・・・・あぁ、2月にボホールで潜ってから潜っていないなぁ~なんて。


加圧したいなぁ~・・・・でも、今年は無理だなぁ~。
















                  

















 

TOP

《 収穫 》

2011⁄08⁄29(月) 20:50
110829-1






 ヒロ宅のゴーヤが育っています。


小さな実が少しづつ大きくなっていくのが楽しくワクワクしますね。


ゴーヤは成長が早いようです。






 今日の収穫・・・17~8cm位でしょうか

110829-2


 スーパーなどで売っているものよりは遥かに小さいですが、充分です。


早速料理してくれました。



110829-3



 そして、ビール! 旨いんだなっ これが!!

110829-4















                  















                 







TOP

《 どうなっている・・・ 》

2011⁄08⁄28(日) 10:18
110828






 手前にNANA、そしてスピードボートのNANAⅡ。


奥でドック入りしているKANA・・・・今はどうなっているんだろう。


きっと朽ち果ててしまっているんだろうなぁ~。



















              

















TOP

《 パンフレット 》

2011⁄08⁄26(金) 22:02
110826-1






 以前、フェニックスのポストカードやステッカーを紹介しましたが、


今回は、パンフレットです。


写真は、『日本語版』のパンフレットの表面と裏面ですが、『英語版』もありました。






110826-2













               












                 










TOP

《 ニューレンズ 》

2011⁄08⁄25(木) 22:13
110726-2






 誕生日のプレゼントに買ってもらったレンズです。


NIKON AF-S NIKKOR 50mmf/1.8G。


今年4月末、発表になり6月初めに発売になりました。


兄貴分の AF-S NIKKOR 50mmf/1.4Gが 発売になって、少し経ってから


50mmf/1.8Gが出るという噂があって、とても気になっていました。


ネットでは、賛否両論の評価が出ておりますが、自分が使ってみた感じは


初めてのデジタル専用レンズと言う事もあり、とてもシャープでキレも良く


開放での周辺光量落ちも少なくてとても良いと思っております。


まぁ、今まで使っていたレンズと比べると雲泥の差を感じてしまいますが、


これから使い込んで行きたいと思っています。






110726-3

















                  















                










TOP

《 城内限定 》

2011⁄08⁄22(月) 14:29
110822-2






 先日、池田町の“ワイン城”で買ったワインです。


『清美の丘』2006《城内限定》


幾度か友人に頂いて飲んだ事のある銘柄ですが、“限定”という言葉に弱い自分達は迷わず購入。


とても美味しくいただきました。




そして、『シルフィー』。


このワインは、白ワインに十勝ブランデー原酒を混ぜたもの。


もともとブランデーは、果実酒からつくった蒸留酒だし、ほとんどのブランデーは


白ぶどうのワインを蒸留して樽に入れて熟成させたものが多いので白ワインと合わない訳がない。


『甘口』『中甘』『辛口』の三種類の中から『辛口』をチョイスしました。


ブランデーとワインの香りが融合した良い香りがします。


アルコール度数が17度と 他のワインよりも少し高めですが、


あっさりとしていてとても飲みやすいです。






110822-3



110822-1

















              






















TOP

《 十勝ワイン 》

2011⁄08⁄18(木) 21:16
110818-1






 ゴルフを楽しんだ翌日、本当は“然別湖”に行く予定だったのですが、


残念ながら天候が思わしくないので、このまま然別湖に行っても


目的を果す事が出来ないと判断し、急遽 池田町にある『ワイン城』に行ってきました。


お酒好きの自分達にとっては、ワインの事など全然分からなくても


並んでいるワインを見るだけでも、結構楽しめるものです。


敷地内には、これから美味しいワインになる葡萄が植えられていて


ワイン城の地下には搾られたワインが樽に入れられて熟成されています。






110818-2



110818-3






















                  















TOP

《 盆休 》

2011⁄08⁄17(水) 20:12
110817-1






 お盆休みを利用して、ゴルフ仲間と帯広まで行ってきました。


初日、札幌は天気が悪く道中雨が強く降ったりして、帯広でのゴルフはどうなるんだ・・・と


心配しておりましたが、帯広に到着する頃には雨もあがり好天に恵まれました。


好天に恵まれすぎて、暑くて、熱くて・・・・でも、楽しいゴルフでした。


夜は、十勝川温泉にある『観月苑』に宿泊。


美味しい食べ物とビール、そして温泉。


夜も楽しかったねぇ~。






110517-2
















                 














TOP

《 キイロサンゴハゼ 》

2011⁄08⁄14(日) 23:44
110814-2

 『Yellow coral goby』






ハゼ科 『キイロサンゴハゼ』体調3cm位。 エダサンゴの間や上で見られる。


ポナペでは、エダサンゴがよく発達していたアンツやパキンで多く見られた。


昔は、『パーラン』のリーフにもエダサンゴが多くあったけど、


近年ではすっかり少なくなってしまっていた。


写真の『キイロサンゴハゼ』は内リーフの『ヒロチャン・ポイント』で撮ったもの。


このエダサンゴの奥には『ニシキテグリ』の姿も見れていた。


















                 













TOP

《 カザリハゼ 》

2011⁄08⁄12(金) 21:37
110812






 ハゼ科『カザリハゼ』 体長10cm位だと思う。


『カザリハゼ』なのか『ホシカザリハゼ』なのか『マダラカザリハゼ』なのか・・・・。


ポナペでは、外リーフでも内リーフでもどこでも見る事ができた。


驚かせなければ、以外と近付かせてくれるので写真は撮りやすいと思う。





















                  





















                 

TOP

《 墓参り 》

2011⁄08⁄09(火) 08:07
110809-1






 昨日、墓参りに行ってきました。 天気が良すぎて・・・暑かった!


札幌に『墓』は無く、“先祖代々の墓”ってのが自分が生まれた炭鉱町から少し離れた街の外れにある。


“先祖代々の墓”なので、自分の爺さんや婆さん、親戚の叔父や叔母など多くの骨が納められている。


墓石に名前が刻まれているのだけど、知らない名前の人もいて、まさに“先祖代々”って感じである。




毎年、晴れの日を選んでここに来ている訳なので、雨に当る事はないのだが、


周りを山に囲まれているような場所なので、風が無くとっても暑く


墓掃除をしていると、汗が滝の様に流れてくる。 これで少しは痩せただろう。


山の陰から見えた雲は、まだまだ夏の雲のようで今週も暑い日が続くだろう。


ふぅ・・・・。















                     



















TOP

《 キャンプ 》

2011⁄08⁄07(日) 22:11
110807






 週末は、毎年恒例のキャンプでした。


昨年は、夕方から雨が降り“雨中キャンプ”となってしまいましたが、


今年は好天に恵まれて、楽しいキャンプでした。


朝から集合したメンバーとの集合写真ですが、このメンバーに加え


夕方合流組と夜合流組が7名いました。 大所帯となってワイワイでした。















                      



















                 


TOP

《 圧縮空気 》

2011⁄08⁄05(金) 16:07
110805-1






 《AQUA JOURNEY》のコンプレッサー室です。


タンクの本数が増えてくると、空気を充填する費用も嵩んできますので


コンプレッサーが欲しくなります。


《AQUA JOURNEY》にコンプレッサーが登場した頃は、ショップの裏側で


空気を充填していましたが、今年お邪魔した時には、コンプレッサー室が出来ておりました。


海外では、移動式、固定式、吐出量(製造量)に関係なくコンプレッサーを使って、


空気の充填が出来るようです。


確認はしておりませんが、きっと届出とか許可、認可は必要ないのでしょうね。


《高圧ガス製造保安責任者》の資格を持つ自分としては、とっても気になって、興味津々です。






110805-2













                








☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆。.:*:・'゜★゜'・:*☆













                 















TOP

《 散策 》

2011⁄08⁄03(水) 22:10


 久し振りにボホールの写真です。


いつも、レストランや部屋、ショップ周りでの写真ばかりなので


道路から《Muro-Ami》までの間を散策してみました。



 まずは、道路まで出てみました。

110803-1



 道路際に立っているムロアミの看板。

110803-2



 ホテルに向って歩いて行くと左側にコンプレッサー室が見えてきます。

110803-3



 さらに進んで行くと・・・・おっ!アミちゃんが電話をしながら歩いています。

110803-4



 なおも進むとホテルのゲートとショップが見えてきます。

110803-5















//////////////////////////////////////////


ボホール(パングラオ島)でダイビングするなら!

《AQUA JOURNEY・アクアジャーニー》


//////////////////////////////////////////




















                 










TOP

《 グリーンカーテン 》

2011⁄08⁄02(火) 13:50
110802-1






 ヒロ宅の庭に植えたゴーヤの花が咲きました。


夕方に撮ったので花びらが少し元気ないですが・・・・。


瓜系の花は、キュウリにしてもカボチャにしても黄色の花が多いですね。


ゴーヤと言えば、沖縄をイメージしてしまう人も多いはず、


そして、北国の北海道ではゴーヤは実らないと思われがちです。


でも、これが、普通に実ってしまうんですねぇ。


節電の為のグリーン・カーテン・・・と言うよりも食べる目的が主です。


スーパーなどで売られている物より少し小さいですが、味は変わらないと思います。


これから実が出てくるのですが、今年の出来はどうでしょうね。


豊作ならいいなぁ~♪
















                     










             






TOP

《 北海道増毛町のお酒 》

2011⁄08⁄01(月) 17:19
110801-1






 北海道増毛町  最北の酒蔵 国稀酒造株式会社 特別純米酒『国稀くにまれ』


 ■ 原材料/米、米麹

 ■ 原料米/五百万石

 ■ アルコール度/15度以上16度未満

 ■ 日本酒度/+4~+6

 ■ 精米歩合/55%


 日本最北の酒蔵で、酒米五百万石を55%まで磨き込んで醸された純米酒。


室温か人肌燗で・・・との記載でしたが、あえて冷やして呑んでみました。


お酒としては、良くも悪くもないと思うが、突出した旨さもない味。


純米酒としてのコクもキレも感じられない。


40代の若い杜氏さんに次の“造り”を期待したいものです。

















                     





















TOP