《 ギチベラ 》

2012⁄09⁄30(日) 09:30
120930-1






 ベラ科 『ギチベラ』 体長20cm位。


眼を通る黒色縦帯が特徴。 環境によって体色を色々と変えるが、


ポナペでは、この体色が多く見られる。


この魚を観ると“大槻ケンジ”を思い出してしまうのは・・・・。





 同じ仲間の『ホンソメワケベラ』にクリーニングをうける『ギチベラ』

120930-2

















                 

















                  



















TOP

《 さよならジンベイ 》

2012⁄09⁄27(木) 13:29
120927-1






 余市沖で保護された“ジンベイザメ”が小樽水族館で展示されておりましたが、


保護されてから一週間以上捕食行動が見られないために、飼育展示を断念し


“ジンベイザメ”を海に返す事になりました。


残念に思われる方々も多いと思いますが、自分としては狭い水槽内で飼育されるより


本来の自然環境に戻り、元気に生きてほしいと思っております。


 今度は、ポナペの海で元気な姿を見たいですネ!


















           
















           















TOP

《 半水面 》

2012⁄09⁄25(火) 21:52
120925






 2005年9月の写真です。


アンツ、パシャビーチでランチ後に、ヒロが使っていたワイドを借りて


“半水面写真”に挑戦してみたのですが、風波がありなかなか旨く撮ることが出来ませんでした。


半水面を撮る時には、ドームポートの径が大きいほうが、撮りやすいようです。















              
















             



















TOP

《 ジンベイ出現 》

2012⁄09⁄24(月) 17:29
120924-1






 先週、後志管内余市町沖の“秋サケ定置網”にかかって保護された“ジンベイザメ”が、


小樽水族館に運ばれ、展示が始まりました。


道内では初めての飼育、展示となったので 早速行ってきました。


体長は3.5mとのことなので、まだまだ成魚にはなっていない固体です。


弱った感じはなく、普通に水槽の中を泳いでおりましたが、環境の変化からなのか


飼育員が与えるエサには反応を見せず、捕食行動がなかったのが心配です。


この先、なんとか環境に慣れて元気に育って欲しいと思います。






120924-2















               


























TOP

《 キュウセン 》

2012⁄09⁄23(日) 10:26
20120923-2.jpg

 『 Pinstriped wrasse 』






ベラ科 『カザリキュウセン』 体長6cm位。


まだ、幼魚ですが成魚になるにつれ、縦帯模様の色合いが変化していく。


ポナペでは、『パルキル』など比較的外リーフの浅場で見られるが数は少ない。



















               

































           

TOP

《 School Bus 》

2012⁄09⁄21(金) 16:06
120921-1






 『サウスパーク・ホテル』の前の道です。


ちょうど、カピンガマランギ村の入り口あたりでしょうか・・・。


“SCHOOL BUS”と書かれた車が停まっていますが、学生は乗っていません。


この時は、“タクシー”業務中だったのでしょう。


登下校時間はスクール・バスで、それ以外はタクシー・・・って感じだったのでしょうかねぇ。


でも、最近はこんなスクール・バスは走っていないと思います。


この写真は、結構 昔の写真ですからね。
















                














                





















TOP

《 Pohnpei blue 》

2012⁄09⁄17(月) 21:55
120917-1






ポナペの蒼い海に引き込まれていく・・・・・。


こんな情景を見ていると、1988年に公開された映画『グラン・ブルー』のラスト・シーンを思い出す。


蒼い世界の向こうに何を思ったのだろう。
















              

















           















TOP

《 青い池 》

2012⁄09⁄15(土) 21:13
120915-1






 “青い池”に行ってきた。


以前、アマチュア写真家が撮った写真が、ある写真雑誌に載った事から人気が広がり


一部の人間しか知らなかった場所が、今では駐車場や散策路も整備され


すっかり観光地化となり、大型の観光バスで多くの人が訪れる場所となっている。


富良野、美瑛方面へ行かれた人は、少し足を伸ばして観に行かれてはいかがでしょう。


美瑛の駅から“白金温泉”に向う途中にあり、看板などが立っているので分かり易いと思います。






120915-2
















              













            

















TOP

《 ファーム冨田 》

2012⁄09⁄13(木) 21:00
120913-1






 この時期に富良野方面に行くのは初めてだったので、


どんな花が観れるのか分からないまま“ファーム冨田”に寄ってみました。


それなりにお客さんは来ていましたが、夏場のラベンダー時期みたいに混んではいませんでした。


ラベンダーは見れませんでしたが、時期の花が綺麗に飢えられておりました。


この後、紅葉の時期とか初冬の時期も楽しめるだろうなぁ~。






120913-2





120913-3





120913-4
















              




















             

















TOP

《 美瑛へ 》

2012⁄09⁄11(火) 22:09
120911-1






 毎年必ずと言ってもいいくらい行っているところに富良野方面がある。


いつもは7月末頃のラベンダーの時期に合わせて行っているけど、


今年は、少し遅らせて行ってみた。


“ファーム冨田”に行く途中に綺麗な花壇があったので車を止めてみた。






120911-2

















                     
















              
















TOP

《 秋田県のお酒 》

2012⁄09⁄10(月) 15:04
120910-1






 先日“焼肉”をした時に友人から頂いたお酒です。


以前にも紹介しました 秋田県 株式会社齋彌酒造 『雪の茅舎』秘伝山廃純米吟醸です。


山廃仕込特有のコクとキレは健在です。


美味しいお酒をありがとうございました。















             


























TOP

《 潜りたい! 》

2012⁄09⁄06(木) 22:03
120906






 残暑で暑い日が続いていたので、少しくらい曇ったり、雨が降ってもあまり気温が下がらない。


そんな時は、スコーンと抜けたポナペの海に潜りたいものである。


“マンタ”にも久し振りに逢いたいし・・・


アンツの“ヤドカリ”にも随分ご無沙汰しているし・・・


パキンの“ユースケ岩”にも久しく乗っていないなぁ~


でも、一度に全部は無理だし・・・・ここが悩みどころだなぁ~。


















            
















               



















TOP

《 オトー&ロビンソン 》

2012⁄09⁄05(水) 20:21
120905






 久し振りに昔の写真を引っ張り出してみました。


この写真は、2005年頃だと思うけど、オトーもロビンソンも今より体が大きく見える。


反対に自分は今よりもかなり細いなぁ~。


この頃の体形に戻りたい・・・・・・。


でも、我慢や努力は嫌いなんです・・・・・・。















               



















             


























TOP

《 純米と吟醸 》

2012⁄09⁄03(月) 20:07
120903-1






 お馴染みの北海道旭川市“高砂酒造”のお酒です。


旭川までは札幌から車で2時間半ほど・・・ちょっとお酒を買出しにという距離ではないですが、


たま~に買出しに行くお気に入りの酒蔵になっております。


酒蔵に行くと札幌の酒屋にはない“蔵元限定”のお酒が買えるのが良いですね。


写真の特別純米も吟醸も蔵元売店限定販売になっております。


特別純米は、あっさりとした口当たりですが、米の旨味がしっかり味わえるお酒です。


吟醸は、優しく柔らかい吟醸香が気持ちよく、飲み飽きしないお酒になっております。






120903-2
















               



















                     






















        

TOP

《 外で焼肉 》

2012⁄09⁄02(日) 21:44
120901-1






 先週末は、友人達と焼肉ジュージューでした。


日中は天気が良すぎて、日陰がないと辛いので急遽ブルーシートを張ってみた。


準備をしながらもあまりの暑さにビールをゴクゴク。 「うんめぇ~」






120901-2





120901-3





120901-4














                    




















                    
































TOP