FC2ブログ

《 NIKONOS 》

2011⁄03⁄14(月) 20:31
110314-1






 初代ニコノスは、フランスのスピロテクニーク社の『カリプソ』を元に製作され、


1963年8月に、“全天候カメラ”として発売された。


価格は、2万8500円(35mm F2.5付き)で、約2万9000台製造された。


その後、NIKONOSⅡが発売されてから、NIKONOSⅠと呼ばれるようになったが、


カメラボディには、Ⅰの表記はない。






110314-3





110314-2





 初代NIKONOSの仕様
 
型式/35mm判フォーカルプレーンシャッター式防水カメラ
 
耐水深/50m
 
レンズマウント/ニコノスマウント
 
ファインダー/アルバタ式35mm用ブライトフレーム付き、パララックス補正マーク(0.8m)付き、
       
       倍率0.63倍

シャッター/上下走行式、メタルフォーカルプレーンシャッター、

       B(バルブ)、1/30、1/60、1/125、1/250、1/500秒、等間隔目盛り

フィルム送り/レバー式、一動作でフィルム送りとシャッターセット完了、回転角約70度、

       自動復元式撮影コマ数計付き

巻き戻し/引き出し式のノブ式

大きさ/約125×97×68mm(35mm F2.5付き)

重さ(陸上)/約700g(35mm F2.5付き)

重さ(水中)/約250g(35mm F2.5付き)






110314-5






 フィルムを装填するには、レンズを外し ボディの両肩にある金具でフィルム装填部を上に引き抜く。


実際にフィルムを装填してみたが、フィルム圧板が上部のみ固定で


ヒンジにはなっていなかったり・・・などで、やりやすいと言えるものではなかったが、


当時は、これでも画期的なカメラだったのだろう。






110314-4






Ⅱ型は1968年8月  Ⅲ型は1975年7月  Ⅳ型は1980年7月  Ⅴ型は1984年4月に発売された。




















theme :
ブログ
-> 写真ブログ

TOP

Comment